iPhone5/5cの液晶・フロントパネル、水没、各種ボタン修理について【iPhone修理専門店】

お問い合わせはこちら
修理内容 価格表
・フロントパネル・バッテリー
・ホームボタン・各種ボタン
・ドックコネクタ・フロントカメラ
・バックカメラ・スピーカー
・イヤースピーカー・バイブレーター
近接センサー
12,800円
※どの故障でも12,800円です。
 2つ故障時 :18,800円
 3つ故障時 :20,800円
【データ取りだし価格】修理せずデータのみ 25,800円
※iPhone本体は修理しないでデータのみUSBでの納品となります。
(iPhone不要なら買取も可能です)

iPhone5/5c フロントパネル破損

フロントパネル破損

iPhoneの故障で最も多いのがフロントガラス破損です。
iPhone5/5cのフロントパネルはガラス、デジタイザ、液晶、ベゼル(ガラス周りの
プラスチック部分)が 接着され一体化しておりフロントパネルユニットとなっております。
フロントパネル破損の場合、フロントパネルユニットの交換が必要となります。
フロントパネルユニットの交換修理で元の綺麗な状態に戻ります。
軽度なものから全面割れまで交換修理対応可能です。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。


iPhone5/5c 液晶表示不良

液晶表示不良

ドット抜け・染み・線が入る・画面が真白・バックライト不点灯・ノイズが走る等が
液晶不良の症状です。
iPhone5/5cのフロントパネルはガラス、デジタイザ、液晶、ベゼル(ガラス周りの
プラスチック部分)が 接着され一体化しておりフロントパネルユニットとなっております。
液晶表示不良の場合、フロントパネルユニットの交換が必要となります。
フロントパネルユニットの交換修理で元の状態に復旧できます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。


iPhone5/5c バックパネル破損。背面カバーにひび、傷、割れの修理

バックパネル破損。背面カバーにひび、傷、割れの修理

・iPhone5/5cバックケース上下のガラスプレートにヒビが入ってしまった。
・バックケースを交換したい。
・傷が気になる。
・動作に問題はないが、外装が破損している。
iPhone5/5cバックケースの上下にガラス素材のプレートがはめ込んであります。
上下のガラスプレートのみのひび割れであればガラスプレートのみの交換修理も可能です。
全体的な傷や破損の場合はバックケースの交換修理が必要となります。
バックケースの破損は背面のためケースカバーで隠すこともできます。

iPhone5/5cバックケース修理対応可能です。
このような症状はバックケース・ガラスプレートの交換修理が必要です。


iPhone5/5c バッテリ不良・劣化

バッテリ不良・劣化

・バッテリー消耗が早くなった
・後ろが膨らんできた
・残量が残っているのに電源が切れる
・充電できない
長期間の使用による自然劣化や、その他要因(水没・水濡れなど)により劣化する場合もあります。

iPhone5 のバッテリ容量は3.8V、5.45Whr、1440mAhでiPhone4S(3.7V、5.3Whr、1430mAh)と比べ わずかに容量が増えています。


iPhone5/5c ホームボタン交換修理

ホームボタン交換修理

突然、ホームボタンがきかなくなった!
ホームボタンのききが悪い!などホームボタンに関する故障はこちらになります。
iPhoneのホームボタンは通常使用する上で、とても大事な部分ですよね。

水没や落下が原因でホームボタンも同時に故障する場合も非常に多いです。
ホームボタンの裏側のピンが折れていたり、接触不良が起こっていることが考えられます。
また、通常使用でも頻繁に使う箇所のため劣化にて機能低下を起こします。


iPhone5/5c 電源ボタン陥没、ロックボタン、スリープボタン交換修理

電源ボタン陥没、ロックボタン、スリープボタン交換修理

・iPhoneで電源ボタンが入らない。効かない。
・電源ボタンが陥没した。
・ロックモードにならない。
・スリープボタンが効かない。

iPhone5/5c電源ボタンの修理対応可能です。
このような症状はパワーボタンフレックスケーブル修理が必要です。


iPhone5/5c ライトニングコネクタ交換修理

ライトニングコネクタ交換修理

・iPhoneの充電がされない!
・iTunesがiPhoneを認識しない!
・パソコンと接続してもiTunesが立ち上がらない!

iPhone5/5cのライトニングコネクタ修理対応可能です。

このような症状はライトニングコネクタの交換修理が必要です。
ライトニングコネクタの中には、充電に必要なコンセントのようなものがあり、iPhoneの部品の中で、最も重要な箇所です。


iPhone5/5c バッテリー交換修理

バッテリー交換修理

・バッテリー消耗が早くなった
・後ろが膨らんできた
・残量が残っているのに電源が切れる
・充電できない
長期間の使用による自然劣化や、その他要因(水没・水濡れなど)により劣化する場合もあります。

iPhone5のバッテリ容量は3.8V、5.45Whr、1440mAhでiPhone4S(3.7V、5.3Whr、1430mAh)と比べ、 わずかに容量が増えています。


iPhone5/5c 修理料金、セット修理割引料金メニュー

【FBセット】フロントパネル+バックケース交換修理

iPhone5フロントパネル交換 iPhone5バックケース交換

《フロントパネル》
iPhoneの故障で最も多いのがフロントガラス破損です。
iPhone5/5cのフロントパネルはガラス、デジタイザ、液晶、ベゼル(ガラス周りのプラスチック部分)が接着され 一体化しておりフロントパネルユニットとなっております。
フロントパネル破損の場合、フロントパネルユニットの交換が 必要となります。
フロントパネルユニットの交換修理で元の綺麗な状態に戻ります。
軽度なものから全面割れまで交換修理対応可能です。
【症状】
フロントガラスの一部ヒビ割れ
フロントガラスの全面ヒビ割れ
フロントガラスの重度の割れ
デジタイザ不良(タッチに反応しない)
液晶表示不良(ドット抜け・染み・線が入る・画面が真白・
バックライト不点灯・ノイズが走る)

《バックケース》
落下によるガラス割れと同時にバックケースの上下ガラス部の破損、バックケース全体に傷がつくケースがあります。
通常使用でも非常に傷がつきやすいのですが、修復にはバックケース 全体の交換が必要です。


【バッテリ同時交換セット】

例)フロントガラス+バッテリ交換修理

iPhone5フロントガラス割れ交換 iPhone5バッテリ交換

《バッテリ》
iPhoneのバッテリーには寿命があります。
iPhoneユーザー様ならご存知の通り、魅力的な装置 でありながら、バッテリーの持ちがちょっと悪い ですよね。パソコン等も同様ですが、バッテリーは そもそも消耗品です。適度な交換が必要になります。
使い方によりますが大体1年半を超えると劣化が 目に見えると思います。
【症状】
充電できない(電池マークにコンセント表示
※満充電時以外)
iTunes接続要求画面になってしまった
バッテリ残量が十分あるのに電源が落ちる
劣化が進みバッテリパック自体が膨らんでしまった

iPhoneのバッテリは充電式のリチウムイオンバッテリです。
機体内部でバッテリは大半の体積を占めて いますが、バッテリの体積=バッテリの持ちと言っても過言ではありません。


【バッテリ同時交換セット】

例)ホームボタンフレックス+バッテリ交換修理

iPhone5ホームボタンフレックス交換 iPhone5バッテリ交換

《ホームボタン》
頻繁に使用するボタンのため、内部の接点(フレックスケーブル)の劣化により機能が低下してきます。
【症状】
強く押さないと反応しない
数回に1回しか反応しない
一度押しただけなのに数回押された事になっている
突然、全く効かなくなった
押す場所、押し方によって反応したりしなかったりする


【バッテリ同時交換セット】

例)ライトニングコネクタ+バッテリ交換修理

iphone5ライトニングコネクタ交換 iPhone5バッテリ交換

《ライトニングコネクタ》
ケーブルの抜き差しを頻繁に行うため損傷の可能性が高い箇所です。
湿気・ホコリにより腐食してしまったり、また、落下による衝撃等で充電ができなくなることがあります。
場合によってはホームボタンに影響が出る場合もあります。
iPhone5のライトニングコネクタはマイク・イヤホンジャックが一体となっているためマイク、イヤホンジャック故障の場合はライトニングコネクタの交換修理が必用です。
また、水分等の付着により忘れた頃にトラブルが発生する事があります。
腐食した状態でで充電を続けるとバッテリやロジックボードが損傷してしまうこともあるため普段からライトニングの接点が腐食していないか確認すると良いでしょう。
【症状】
充電できない
ケーブルを差しても反応しない
iTunesが認識しない
ボイスメモ機能が認識しない(マイク故障)
スピーカから音が出ない・ボリュームバーが
表示されない(イヤホンでは音が聞こえる)
※ライトニングコネクタに外部スピーカが接続されていると誤認
スピーカから音が出ない・音が割れている(スピーカ故障)


【その他のセット】

例)フロントガラス+パワーボタンフレックス交換修理

iPhone5フロントパネル割れ交換 iPhone5スリープボタン陥没・パワーボタンフレックス交換

《フロントパネル》
iPhoneの故障で最も多いのがフロントガラス破損です。
iPhone5のフロントパネルはガラス、デジタイザ、液晶 ベゼル(ガラス周りのプラスチック部分)が接着され一体化しておりフロントパネルユニットとなっております。
フロントパネル破損の場合、フロントパネルユニットの交換が必要となります。
フロントパネルユニットの交換修理で元の綺麗な状態に戻ります。
軽度なものから全面割れまで交換修理対応可能です。
【症状】
フロントガラスの一部ヒビ割れ
フロントガラスの全面ヒビ割れ
フロントガラスの重度の割れ
デジタイザ不良(タッチに反応しない)
液晶表示不良(ドット抜け・染み・線が入る・画面が真白・
バックライト不点灯・ノイズが走る)
《スリープボタン》
内部のスイッチケーブル損傷または、突起が磨耗・脱落により陥没してしまう現象が多く発生します。
電源が 切れない、リセットができないなどスリープボタンが使用できない不便さを早く解消したいと修理依頼の多い故障箇所です。また、背面マイク、ボリュームスイッチ、マナースイッチが一体となっていますのマナースイッチ故障などの場合はパワーボタンフレックスケーブルの交換が必要となります。
【症状】
強く押さないと反応しない
完全に陥没し押せない
ビデオ撮影時に音声が録音されない
ハンズフリー通話時に相手に声が届かない
マナースイッチが機能しない
ボリュームボタンが機能しない
通話時にこちらの声が小さくなる・途切れる


【その他のセット】

例)ライトニングコネクタ+ホームボタンフレックス交換修理

iphone5ライトニングコネクタ交換 iPhone5ホームボタンフレックス交換

《ライトニングコネクタ》
ケーブルの抜き差しを頻繁に行うため損傷の可能性が高い箇所です。
湿気・ホコリにより腐食してしまったり、また、落下による衝撃等で充電ができなくなることがあります。
場合によってはホームボタンに影響が出る場合もあります。
iPhone5/5cのライトニングコネクタはマイク・イヤホンジャックが一体となっているためマイク、イヤホンジャック故障の場合はライトニングコネクタの交換修理が必用です。
また、水分等の付着により忘れた頃にトラブルが発生する事があります。
腐食した状態でで充電を続けるとバッテリやロジックボードが損傷してしまうこともあるため普段からライトニングの接点が腐食していないか確認すると良いでしょう。
【症状】
充電できない
ケーブルを差しても反応しない
iTunesが認識しない
ボイスメモ機能が認識しない(マイク故障)
スピーカから音が出ない・ボリュームバーが
表示されない(イヤホンでは音が聞こえる)
※ライトニングコネクタに外部スピーカが接続されていると誤認
スピーカから音が出ない・音が割れている(スピーカ故障)
《ホームボタン》
頻繁に使用するボタンのため、内部の接点(フレックスケーブル)の劣化により機能が低下してきます。
【症状】
強く押さないと反応しない
数回に1回しか反応しない
一度押しただけなのに数回押された事になっている
突然、全く効かなくなった
押す場所、押し方によって反応したりしなかったりする


掲載しているセット内容は一部となります。
お問い合わせ後にお見積をお知らせ致します。
お気軽にお問い合わせ下さい。



お見積りはこちらから

水没したiphoneのデータ復旧修理

アクセス

持込割

安心の理由

ipad修理はこちら

お客様の声

店頭でのお受取り 新宿本店

店頭でのお受取り 大阪店

店頭でのお受取り 横浜店

店頭でのお受取り 松戸店

店頭でのお受取り 仙台店

iPhone修理方法公開

↑ PAGE TOP

無料見積り 来店持込